サポート

M5000U/M4000P用日本語ファームウェア 2.0.5

date2006-12-20
modelM5000U, M4000P
Ver2.0.5
Size5,128,192
DOWNLOAD

こんにちは、dvicoです。

TViX HD M-5000/M-4000P用のファームウェア2.0.5バージョンで追加又は改善された機能に対する情報です。

下記以外には修正されませんでした。

ほかの問題に対しては開発中または修正中ですので、ファームウェアのアップデートで起こられる問題は使用中のお問い合わせ掲示板にお問い合わせください。

*1080Pモードに対して申し上げます。

1.9.5バー ジョンから1080Pモードが追加されましたが、現在1080Pモードの対応は公式仕様ではありません。TViX M-5000A/M-4000Pが設計された当時には1080Pに対応されるように設計されなかったし、ファームウェアの改善で対応された機能のため、製 品自体は1080iまでに保証されております。

これはお持ちのディスプレイやDVIケーブルとM-5000A/M-4000Pのそれぞれの性能及び組み合わせによって性能が違います。したがって可能であれば、お勧め解像度である1080iをご利用ください。

完全なる1080Pの対応は次回モデルで対応できるように努力いたします。

*ご注意

-ファームウェアのアップグレード中には電源を切らないで下さい。

-必ずダウンロードしたファームウェアは圧縮を解いて使ってください。圧縮された状態では動作されません。

-ファームウェアのアップグレードに失敗されるまたは異常ある場合には安全モードアップグレードを実行してください。

アップグレード後には保存された設定値が初期化されることがあります。

1.FLACフォーマットに対応されました。

-高音質オーディオファイルであるFLACに対応されました。APEは現在のハードウェアの制約上、対応は不可能です。

2.TViXを通じてインターネットラジオを聴くことができました。

-Winampソフトで聞くことの出来るShout cast系サーバーのみ対応されます。

(Shout cast方式でなく専用サーバー方式は対応できません。)

-*.m3uまたは*.pls 拡張子を通じて対応されます。編集(追加/削除など)はWinampと同じソフトつ使ってください。

-インターネットと接続されなければなりませんし、ネットワーク設定も正しく設定されていなければなりません。

3.スクリーンセーバー動作方式が変更されました。

-ファイルナビゲーション状態だけでなくメディアファイルの再生時、一時停止(Pause)状態でも一定時間がすぎるとスクリーンセーバーが動きます。

-オーディオ再生時(Play) にも一定時間が過ぎると動きますが、jpgスライドショーで再生中なら動きません。

4.*.pls 拡張子のプレイリストのファイルに対応されました。

- m3uとpls両方とも対応されました。これはインターネットラジオ受信にも使われる方式です。

5.動画の基本デコードライブラリーの変更で動画の互換性が上がりました。

-互換性が上がり、以前のファームウェアで再生できなかったファイルが再生でき、安定化されました。これはISO形態のDVDリッピングファイルにも対応されました。

また、画実も少し上向されました。

6.セットアップメニューに 新規リモコンの選択メニューが追加されました。

-該当のリモコンモデルを見て選択できるようにされております。新規リモコンはまだ正式発売されておりません。

7. 固定IP設定時、ネットワーク情報の見えなかった所が修正されました。

- セットアップ設定及びエキスプローラ状態でもINFOボタンでIPを確認出来ます。

8. 外付けODDの使用に関するバグが修正されました。

- 新型ODDの対応が改善されました。

- 一部壊れたメディアの再生時、停止またはコマ落ちする現像が補完されました。

- DVD再生時、メニュー画面が現れるバグが修正されました。

9. 特定アスペクト比でアスペクト比の変化されるバグが修正されました。

- 16:9のアスペクト比で800*432サイズの動画がFF後に4:3モードに変化されるバグが修正されました。

10. リモコンの文字入力機能の中で、-/_ (Bar / Underbar)が追加されました。

- リモコンには刻まれていないがアルファベット入力時「1」番キーを押すたびに、順次で @ → : → / → _ → - 順序に変更されます。

基本入力カーソルは「_」から「*」に変更されました。

11. DTS WAVE ファイルに対応されました。

- DTS デコードが無いと再生できませんし、この時ボリュームのレベル値は必ず「25」でなければ出力されません。

12. DVD再生関連バグが修正されました。

- DVDリッピングファイルの再生後、◀◀ また ▶▶ キーの入力できなかったバグが修正されました。

13. 背景及びユーザーメニューが新しく構成されました。

14. アイコンモード関連のバグが修正または変更されました。

- フォルダ、上位フォルダ、ファイルアイコンに「*.png」ファイルも対応されました。(透明背景アイコンを作る事が出来ます。必ずIndex colorでなければなりませんし、サイズは100*130pixelを超えてはいけません。また拡張子は必ず小文字にして下さい。同じ名で folder.jpgとfolder.pngのある場合には、*.jpgが優先されます。)

- *.pngを利用する透明効果を使うには、透明色相値は「C8C8C8」で、色相モードは「index」カラーで設定して下さい。

15. ミュートオン状態で多数のファイルの再生時、ミュートできなかったバグが改善されました。

16. DVDジュークボックス再生関連の情報ウインドウが追加及び修正されました。

- INFOボタンを一つ押すと現在時刻(全体時間)が表示されて、三つ押すと残り時間が表示されます。

17. プレイリストファイルをオートランできます。

- プレイリストファイルをオートランできます。ただAUTORUNフォルダの中に一つのプレイリストファイルのみ存在しないといけません。MP3ファイルなどがあるときにはプレイできません。

- プレイリストファイルを利用して、自動インターネットラジオを聞くことも出来ます。